大人のピアノの稽古について

大人のピアノの稽古について

近年では、子供たちの習い事だけではなく、大人たちの間でもピアノを習うことが流行し始めているようです。
大人になってからはじめたのでは遅いと思うかも知れませんが、ピアノを開始するのに遅いということはないのです。
よく幼児期からピアノを弾いていないと上手くならないという考えを持っている人がいますが、そんなことはないのです。

 

ピアノが好きなら思い切ってはじめてみると、意外なほどに上達するかも知れません。
好きなものの上達は何でも早いですから。

 

ピアノに限らず、大人になってからでも楽器を習い始める利点は必ずあります。

 

子供の場合は、誘惑に対する意志の力が弱かったりして、なかなか練習に集中することができずすぐに断念することもあるでしょう。
その点、大人はいろいろ成長していますから、ピアノに対する姿勢が違います。

 

ただし、ピアノ以外の仕事や家事などの事情から、練習時間を取るのが困難になる傾向があるので、毎日練習しようと考えても継続するのがなかなか難しいことでしょう。

 

そういうわけで、大人がピアノを練習しはじめたら、徹底的に頑張ろうとしないで、何が何でも毎日練習すると力まずに、できるときに弾けば良いという考えではじめると上手く行くでしょう。

 

ピアノに関してだけではないのですが、大人の習い事は、コツコツと練習を続けることで上達していきますから、一気に練習して一気に上手くなることを考えずに、楽しむような気持ちで継続すると良いでしょう。

 

無理せずに、できるときに集中して練習し、気楽に楽しんで弾いていくのが大人のピアノ練習のコツです。

 

ただし、このような練習方法だと、難しい曲を弾こうとしたときに限界がきてしまうこともあるので、そのときにどうするかは、先生と話し合って決めていったら良いでしょう。

 

大人の初心者向けピアノ教室では、難しい曲はあまり弾かせようとしないでしょうが、個人の先生の場合には、練習時間が確保できないという事情を汲んでくれずに、レッスンの流れから融通が利かないケースもあるようです。