旧式のピアノや壊れたピアノは買い取り可能?

旧式のピアノや壊れたピアノは買い取り可能?

自分の持っているピアノが、壊れていたり旧式のモデルだったり、かなりの年代物だと、はじめから売れるわけはないと考えてしまって、不用品回収などで処分してしまおうとするケースがあります。

 

でも、ピアノは重くてかさばりますし、捨てるにしても料金が高くなることが多いのです。

 

ところが、実際には旧式のピアノでも、壊れていても買い取りしてもらえる場合の方が多くなっています。

 

目安的なことをいうと、作られてから30年経っていないピアノは査定金額が付くことが多く、たとえ買い取りできなくても、捨てるための引き取りはあまり高くない値段で応じてくれるピアノ買い取り業者も中にはあるのです。

 

新しめの中古ピアノであっても、大きなへこみや傷があるケースでは、買い取り金額が大幅に下がったり、もしくは買い取り不可能になることもあります。
ところが、傷がさほど目立たないくらいだったり、壊れている鍵盤がある場合や、音程がズレてしまっている程度なら、これらが原因で査定額が大きく変動することはないでしょう。
それというのも、オーバーホールやメンテナンスにより元の状態にかなり近づけることができるからです。

 

このようなわけで、はじめから自分で買い取り不能だと決めつけずに、複数の業者に買い取り査定を依頼して、引き受けてくれるところを探すと良いですね。
買い取り業者によって取り扱えるかどうかもずいぶん違いますし、査定金額も違います。
なるべく高く買い取りしてもらえる業者をさがすと良いですね。

 

ピアノはもともとが大変高価な楽器ですから、良い状態であればかなりの値段で売却可能です。
お得に買取りしてもらうためにも、きちんと複数業者に査定してもらってから、最終的に無理だと分かったときに最良の方法で処分しましょう。