引っ越しの際、ピアノの処分はどうする?

引っ越しの際、ピアノの処分はどうする?

ピアノのあるご家庭が引っ越しをするときは、引っ越しに際してピアノを処分するかどうかで迷うこともあるでしょう。
引っ越し先が「ピアノ不可」の物件だったり、あまり弾くこともなくなり、送料が馬鹿にならないなどが分かったときは、処分を検討するのではないでしょうか。

 

ピアノを処分するときには、多くの自治体では粗大ゴミとして扱います。
思い出深いピアノがただのゴミになってしまうのですね。

 

業者に処分を依頼するケースでも、引き取りから処分するまでの費用はただでも、運送料は自分で払う場合が多いです。
「ピアノ無料引き取り」という宣伝文句を鵜呑みにせず、内容をきちんと調べておいた方が無難です。

 

そういうわけで、ピアノを処分するときには料金面はきちんと確認をするようにしてください。

 

でも、やっぱり、ずっと自分が使ってきたピアノを捨ててしまうのは悲しいですよね。

 

このようなときには、買取りしてもらって誰か別の人にオーナーになってもらうという方法もあるのです。

 

そうは言っても、買い取りにも悪徳業者はつきもので、ほとんどただ同然の値段で買い取り、別の人にこのピアノを高く売りつける会社もあるようです。
たまたまそんな業者に買取りしてもらったら勿体ないですよね。

 

自分の愛着のあるピアノの真価を適正に評価してくれる業者に買い取ってもらい、新しいオーナーに弾いてもらいたいでしょう。

 

そういうわけで、買い取りに出すときには、中古ピアノの相場についてきちんと把握しておく必要があります。
相場は何ヶ所かで査定してもらえばすぐに知ることが可能ですから、面倒くさがらずに最低でも3つの業者くらいに査定してもらうと良いですね。

 

引っ越しというのは何かと多忙で、急いで捨ててしまいたくなることもあるでしょうが、手放してしまうまではちゃんとピアノの面倒をみてあげましょう。
それから、査定するときには、きれいに掃除してあるピアノだと買取額がアップしますから、大変でも隅々まで清掃してから写真を撮影して紹介するようにしてみると良いでしょう。

 

引っ越しに関しては何かと入り用でしょうから、ピアノを売って現金化することで何かと助かることもあるでしょう。
電子ピアノに買い換えても手元にお金が残るケースもあるでしょうから、単に捨てるのではなくて、ピアノの売却という方法があることも覚えておいてください。