引っ越しでピアノの売却を検討する

引っ越しでピアノの売却を検討する

ピアノを売却しようとするきっかけはいろいろあるでしょうが、なかでも引っ越しを契機にしてピアノを処分しようと考える人が多いでしょう。

 

引っ越しに伴うさまざまな事情によって、今まで同様にピアノを所持できなくなります。
一例を挙げれば、引っ越し先が集合住宅で近所迷惑になりそうな住宅環境であるとか、忙しくてピアノを弾く時間が取れなくなりそうだとか、ピアノを設置するスペース的な問題などです。

 

さらに、結構大きな問題になるのがピアノの移動料金です。
近隣の引っ越しならまだしも、遠方に移転するとなると、運送費が馬鹿にならない金額になります。
上層階への搬入にはクレーンなどで持ち上げなければいけませんから、かなり大がかりな作業になり、費用がかかるのは仕方ないかも知れません。
移動にかかる費用が高いことが分かると、それならばこの際買い取りに出してしまおうと考える場合もあるでしょう。

 

ピアノの移動料金は、距離などにもよりますが、約数万円から10万円ぐらいが一般的な金額です。
さらに、引っ越しに際しては、純粋な移動費用だけではなくて、前後にピアノのクリーニングやメンテナンス、調律などを行う必要がありますから、総額では数十万円ぐらいかかってしまうことも珍しくないのです。

 

引っ越し先でも今まで同様にピアノを弾くことが分かっているのならば、引っ越し代は致し方ないかも知れません。
しかし、あまり弾くこともなくなっていて、引っ越し代が高く付くと思うのならば、いっそのこと買い取りに出してしまうのがより良い選択でしょう。
ピアノを売ったお金で電子ピアノに買い換えて、ヘッドホンを使って時間帯に関係なく思いっきり練習できるようにする人もたくさんいます。

 

電子ピアノは、大人の人が趣味でピアノをするには充分なのですが、子供にピアノを習わせている場合には、できれば電子ピアノではなくて生のピアノを演奏させてあげた方が良いでしょう。
鍵盤の数やペダルなどの環境が整っている方がベストだからです。
しかし、これも事情によりけりですから、ご家庭の事情に合わせてふさわしい方法を選択してください。