ピアノを習うメリットとは何か?

ピアノを習うメリットとは何か?

数ある習い事の中でもとくにピアノを弾くことは良いといわれています。
その理由は、演奏が上手くなったり音楽に関する感性が磨かれるだけではありません。

 

理由のひとつに、脳への効果が挙げられます。
じっさいに脳科学者の間では有名な話で、テレビなどのメディアでも取り上げられていることです。

 

ピアノは指を巧妙に動かしながら演奏しますが、ピアノを弾くことによって脳は刺激を受けるのです。
左手は右脳、右手は左脳に対してはたらきます。
とくに幼児期にピアノを弾くことは、右脳の発達を促すので良いとされています。
右脳は感情をつかさどっていて幼児期に発達がめざましいので、情緒豊かな子供に育つのです。

 

70%以上の人間は右利きだといわれているので、右手に比べて左手を使う機会は少ないです。
そのあまり使わない左手でピアノを弾くことにより、右脳が活性化されるのです。

 

それに、ピアノを弾いているときには単純に指を動かしているのではなくて、いろいろ考えて頭はフル回転状態です。
楽譜を先読みしながら目で追い、左右の指では各々が異なった動きをするように指示しなければいけませんし、耳では弾いた音を確認しながら記憶演奏をしているのです。

 

このようにみてみると、ピアノを弾いているときには一度にこれほどたくさんの仕事をしているのです。
左右の脳ともに充分に活性化された状態です。

 

このようなことから、脳科学者もピアノを習うことが子供に良い影響を与えるといっているのです。

 

楽譜を先読みすることで、先のことを考える能力が発達します。
先のことを考える能力は、日常生活をしている中ではあまり発達する機会がありません。

 

さらには、想像力がないと曲は理解できないでしょうし、暗譜することで記憶力も鍛えられます。
習い事を続けることで忍耐力もつくでしょうし、ピアノを通して情緒が豊かになったり落ち着いた性格になったりします。

 

そのうえ、リズム感や音感などの音楽的な基礎能力も身に付きますから、ほかの楽器を習ったり歌を歌うときにも大きな利点になるでしょう。