ピアノはどうして88鍵あるのか?

ピアノはどうして88鍵あるのか?

ピアノの鍵盤はいくつあるかご存知でしょうか?
正解は標準で88鍵なのですが、ピアノが発明された当時の鍵盤の数は54鍵でした。

 

それから次第に鍵盤の数が増えていって、ピアノで表現できる音色の幅が時代とともに広がり、現在の88鍵になりました。
88の鍵盤で、7と4分の1オクターブを表現できます。

 

鍵盤の数が時代とともに増加していったのならば、88鍵よりも多くなっても良さそうなものですが、なぜ88鍵で落ち着いたのでしょうか?

 

これはあまり知られていないことですが、人間の耳の構造と関係しています。

 

人間の耳で聞こえる音の周波数には限りがあって、約20ヘルツから2万ヘルツの間といわれています。
この中できちんとした音程として聞くことができるのは、4,000ヘルツしかありません。

 

なので、鍵盤の数を膨大に増加させたとしても、音楽としては聞こえずに、単なるノイズとして聞こえてしまうのです。
結局、88鍵以上増やしても意味はなくなってしまうのです。
外国のメーカーの中には、97鍵のピアノを製造しているところもあるのですが、低音部分を伸ばして作っていても、この9鍵が演奏で使用されることはほとんどないそうです。

 

97鍵ある理由は、ほかの鍵を引いたときに、付け加えられた低音部分の9鍵の弦と共鳴することにより、音の響きが豊かになるからです。
演奏用の鍵盤ではなくて、演出上の機能なのです。

 

人間の音の限界まで開発されているのが現在のピアノであり、今後の開発や改良の進め方は、ピアノにどんな特性を持たせるかによってくるのでしょう。
しかし、ピアノ一台で何を表現するかは、無限大の可能性があるといって良いでしょう。