ピアノの消音機能の欠点は?

ピアノの消音機能の欠点は?

ピアノには、ヘッドホンを通して音が聞こえる機能を付けることができます。
外に漏れる音は確実になくなるのですが、音色が全体的に変化してしまうというのが正直なところです。

 

音が変化してしまうのは、ヘッドホンを通して聞くからということもあるでしょうが、音の響き方や音色が全く違って聞こえてしまいます。
それから、電子ピアノでも同様ですが、たとえ消音機能を付けていたとしても、鍵盤を押すときのカタカタ音は消えないので、場合によってはこの音が家族などの迷惑になることがあるかも知れません。
とくに深夜は注意する必要があるでしょう。
仕方ないといえばそうですが、パソコンのキーボードを叩くカタカタ音も時として騒音になることもありますよね。
お互いが注意しながら気持ちよく使いたいものです。

 

また、ヘッドホンを付けて長い時間練習していると、耳の周りにべたっと汗をかいてしまい、練習に集中できない人もいるようです。
夏場の暑いときや、汗をかきやすい人は気になることが多いでしょう。
エアコンを調節したり、小まめに拭き取って練習するしか対策はないかも知れません。

 

それから、消音機能が付いているのを良いことにして、けじめなく時間を気にせずにずっとピアノに夢中になってしまうのも考えものです。
子供にピアノを弾かせるうえでは、あまり良くないでしょうし、ピアノを利用するときのマナーを覚えられないのです。

 

なので、消音機能を子供には使わせないで、夜の7時になったらピアノには一切触らないという規律を決めている家庭もあるようです。

 

しかし、なぜか子供たちはヘッドホンには興味があるようで、親に黙って使うこともあるでしょう。
黙認する親も多いでしょうが、消音機能を壊されたら困ると思っている方もたくさんいます。
消音機能をつけるのにもかなり値が張るので、壊されないように時には厳しく言いつけることも必要かも知れませんね。

 

消音機能は便利なのですが、意外なところに欠点があるのです。