ピアノに消音機能を付けることはできるのか?

ピアノに消音機能を付けることはできるのか?

アップライトピアノを買い取りに出して、代わりに電子ピアノを買おうと考えている人の中には、周囲への音漏れの影響を考慮している人も多いはずです。
住んでいる環境によっては、近所で騒音問題になってしまうケースもあるでしょう。
電子ピアノならばヘッドホンを使用すれば、時間帯を気にすることなく思いっきり弾くことが可能です。

 

ピアノの練習を一生懸命してる本人からすれば、近所迷惑どころか家族から嫌な顔をされたりすると、とてもガッカリするものです。
どんなに美しい音色で弾いていたとしても、同じところを何度も間違えたりすると、周囲もイラッとしてしまったりすることもあるでしょう。
関係無いことで八つ当たりされることもあるかも知れません。

 

家族の理解が得られないケースなどでは、ピアノを買い取りに出して代わりにそのお金で電子ピアノを買うのが一番の選択肢と考えるかも知れません。
しかし、じつは今あるピアノを買い換えないで、ピアノ自体に消音機能を付ける方法もあるのです。
消音機能とは、サイレントユニットや消音ユニットを取り付けることです。

 

手持ちのアップライトピアノに消音機能を付けることができたのならば、中央のペダルのマフラーペダルを下げた状態にすれば、ヘッドホンを通してだけピアノの音が出るようにすることが可能です。
ただし、音の響きなどはかなり変わってしまうことは否めません。

 

消音機能を取り付けるための価格ですが、結構値が張ってしまいます。
取り付け費用を含めて、割合安い製品でも10万円から20万円程度かかります。
手持ちの古いピアノに新たにこれだけのお金をかけるのは難しいと考える人もいるかもしれません。
しかし、新しくピアノを買う場合や、今あるピアノが気に入っていて手放したくない人にとっては、消音機能を取り付けるのも良い選択でしょう。

 

それでも、やはりピアノを買い取りに出してちょっと高めの電子ピアノを購入するのも悪いことではありません。
ピアノを買い取りに出す前に、このような方法もあると覚えておくだけでも役に立つでしょう。