ニキビ肌に適したクレンジング

 

ニキビが出来ていても、お化粧はしたいです。化粧品を使用しない方が良いとはわかっていても、お化粧が必要な場合もありますし、メイクで隠したいと考えてしまうこともあります。仕方がありませんのでメイクをしたらニキビ肌の時こそ、きちんとクレンジングを使用して汚れを肌に残さないようにすることが大切です。
そもそもニキビの主な原因は毛穴につまった汚れです。クレンジングや洗顔が不十分で皮膚や毛穴に汚れが残ったままになると、そこに菌が繁殖してニキビなどのトラブルが発生してしまいます。ニキビを作らないようにするには、とにかく肌を清潔にすることが必要です。
ニキビ肌であってもメイクをした場合には、必ず正しいクレンジング方法、正しい洗顔方法を実践するようにしましょう。ポイントはトラブル肌に優しいクレンジング剤を選ぶことです。クレンジング剤は種類がありますが、用途や肌質によっては適さないものもあるのです。簡単に落とせる、手軽に使えるなどの理由から選択すると肌に負担がかかりますので、間違った選び方をすると危険です。
例えば簡単に落とせるオイルタイプはニキビなどのトラブルがある場合には刺激が強すぎてしまいます。肌にトラブルがないときにはオイルタイプを使用していも問題はありませんので、肌の状態を考えてクレンジングを使い分けるとよいでしょう。
洗浄力はさほど強くありませんが、ミルクタイプやローションタイプなどの使い心地のやさしいタイプなら肌への刺激も少なくてすみますので、ニキビを刺激しなくてすむでしょう。